高校が異なると、勉強に対する意識が変わる?

親戚のおばさんと話をしたら、いろいろ勉強になりました。親戚のおばさん、中学校まで一貫校で、高校は地区で1番偏差値の高い高校に行っている優秀な方だったみたいです。

なので、頭の良い高校に行っていたおばさんに話を聞いてみました。

おばさん曰く、偏差値の高い高校に合格できたのは、友達のおかげだと。みんな偏差値の高い高校を目指していたので、
同じ高校に行けるように勉強したから合格できたと。

だから、高校によっては、この大学を目指す人が集まっているから、みんなで合格できるように頑張るから、合格しやすいみたいな話をしていました。

確かに、友達が勉強していれば、自分も勉強するだろうなと。

高校を決めるとき、大学のことも考えて選んだり勉強すればよかったけど、今更遅いよな。

予備校とか通って、しっかり勉強している友達を作って、仲良くなれば、成績が上がるみたいだけど。

勝ち組と仲良くなるみたいな感じで言われました。

大学受験は個人戦だと思っていたけど、団体戦という考え方もあるんだなと。

おばさんは優秀だったと聞いていたけど、本当に優秀だったんだと実感しました。

勉強のコツは聞きましたが、今はipadとかで映像が見れたり、おばさんが受験生の時になかった勉強方法があるから、
今の勉強方法は詳しくないからと言われました。

時代は変化しているみたいですね。

少子化と言われているが、勉強方法が増えている分、昔の人よりちゃんと勉強しないと合格は難しくなっているのかもしれない。

昔より楽なイメージがあったけど、ちゃんとやらないとダメみたいですね。